ゲームの登録の仕組み

イメージ図


ゲームプログラムをGameA.exeとし、ゲームの呼称を「ゲームA V1.00」とした場合で説明します。 IGM2でユーザーがゲームを登録する際、ユーザーはファイルの選択ダイアログでゲームプログラムを選択します。 この時IGM2はゲームプログラムこのように呼び出します。
GameA.exe -info
-infoの部分はコマンドラインパラメータです。 ゲームプログラムがIGM2に対応していた場合、ゲームプログラムから「ゲームA V1.00」という応答が標準出力に出力され、 ゲームを立ち上げることなく終了します。
これによりIGM2側は選択されたゲームプログラムがIGM2に対応したものと判断し、 ユーザーには「ゲームA V1.00」という名前で主催・参加できるゲームが追加されることになります。 またゲームプログラムをファイル選択ダイアログで指定しますので、主催や参加時に呼び出すGameA.exeの場所をIGM2が認識できるようになります。
ではゲームプログラムがIGM2に対応していなかった場合はどうするのでしょうか。 現時点ではほとんどのゲームはIGM2に対応してないと考えるのが自然ですね。 こういう場合でもローダープログラムを用意することで、IGM2にゲーム登録ができるようになります。

← 前ページ「VPNサーバーの役割」
⇒ 次ページ「ローダーをゲーム登録」

⇒ トップページ