ローダーでゲーム参加

イメージ図


ゲームに参加するとまず、参加する卓に紐付けられたVPNサーバーに接続して、VPNのIPアドレスが割り当てられます。 これにより主催者と同じVPN-LANを形成することになり、相互の接続が可能になります。
続いて、卓情報にあるゲーム名に紐付けられたゲームプログラムを起動します。 参加しようとした卓の名が「ゲームB V1.00」であった場合、IGM2は登録されたゲームの情報からGameBLoader.exeをこのように呼び出します。
GameBLoader.exe -client ユーザー名 主催者IP
ゲームの登録時にGameB.exeではなくGameBLoader.exeを登録しているからです。IGM2としてはまったく同じ動作をしています。 起動されたローダープログラムGameBLoader.exeはGameB.exeを起動し、さらにGameB.exeを操縦して、 クライアントモードとして主催者IPに接続します。
卓情報の参加者名と人数が更新されます。
ユーザーから見たとき、ゲームプログラムがIGM2に対応している場合とローダーを用いる場合とでは、 ゲームに参加する時には操作に違うところはありません。 ゲームの登録のときにローダーの方を選択することで、区別は済ませてあるからです
ローダープログラムは完全な対応をした場合、作成は難しいのではないかと感じられる方も多いでしょう。ですが次に説明する簡易版として動作するものであれば、それほど難しくはありません。

簡易版のローダープログラム

簡易版のローダープログラムとはGameBLoader.exe -client ユーザー名 主催者IPと起動されたとき、 GameB.exeを起動し、まったく操縦しない状態で(できる範囲で操縦してもかまいません)、 クライアントとして主催者IP接続する手順をユーザーに手動で操作してもらうというものです。 参加時には主催者IPがユーザーのコピーバッファにはいりますので、 手動の操作の過程で接続先のIPアドレスを入力するところでは貼り付けるだけですみます。
ユーザーの操作は増えますが、ゲームプログラムをIGM2の卓管理やVPN接続の恩恵を利用して遊ぶことができ、十分機能するわけです。

← 前ページ「ゲームの参加の仕組」
⇒ 次ページ「DirectLobbyのゲーム参加」

⇒ トップページ