DirectLobbyのゲーム参加

イメージ図


ゲームに参加するとまず、参加する卓に紐付けられたVPNサーバーに接続して、VPNのIPアドレスが割り当てられます。 これにより主催者と同じVPN-LANを形成することになり、相互の接続が可能になります。
続いて、卓情報にあるゲーム名に紐付けられたゲームプログラムを起動します。 参加しようとした卓の名が「ゲームC V1.00」であった場合、 IGM2は登録されたゲームの情報からDirectLobbyLoader.exeをこのように呼び出します。
DirectLobbyLoader.exe -client ユーザー名 ゲーム名 主催者IP
ゲームの登録時にGameC.exeではなくDeirectLobbyLoader.exeを登録しているからです。 DirectLobbyLoader.exeのときだけ他の場合と違って、 ローダープログラムが起動する対象を知るためにゲーム名をパラメータに追加しています。
起動されたローダープログラムDirectLobbyLoader.exeはDirectLobby命令で「ゲームC V1.00」をクライアントモードとして起動し、 主催者IPに接続します。
卓情報の参加者名と人数が更新されます。
ユーザーから見たとき、ゲームプログラムがIGM2に対応している場合とローダーを用いる場合とでは、 ゲームに参加する時には操作に違うところはありません。 ゲームの登録のときにローダーの方を選択することで、区別は済ませてあるからです

← 前ページ「ローダーでゲーム参加」

⇒ トップページ