ゲーム製作者の方へ

ユーザー同士をIPアドレスとポートを指定して接続を行うゲームプログラムを開発されている方むけた記事です。 少し長い記事になりますが、IGM2で自作のゲームプログラムを主催、参加できるように希望される方は是非読んでみてください。 記事の技術内容は、ネット対戦プログラムを作成される方であれば容易に理解できるものとなっています。

従来のIGMにおけるゲームプログラムの呼び出し

従来のIGMではIGM側がゲームプログラムを個別に対応していました。 主催時にはゲームプログラムを起動して、サーバとして接続を待機するところまでゲームプログラムを操縦します。 参加時にはゲームプログラムを起動して、サーバのIPアドレスにクライアントとして接続するまでゲームプログラムを操縦します。
そのためにIGMが対応するゲームプログラムが増えるたび、IGMのバージョンアップが必要でした。
加えて対応したゲームプログラムごとに卓管理を行っていたため、 対応を追加する際、管理情報を更新するためIGMサーバーの再起動も必要でした。

IGM2におけるゲームプログラムの呼び出し

新しくなったIGM2からはIGM2がゲームプログラムを対応するという考え方はなくなります。 以下に説明する方法で、あらゆるゲームプログラムは一律同じ方法で呼び出されます。 その呼び出し方に規定の応答や動作をしてくれるプログラムがIGM2で主催、参加できるものとなります。 対象となるゲームプログラムをGameA.exeとし、そのゲームの呼称を「ゲームA V1.00」として、 IGM2からのゲームプログラムの呼び出し方と、期待される動作について記述します。

⇒ 次ページ「ゲームを登録する場合」

⇒ トップページ