ゲームに参加する場合

IGM2でユーザーがゲームに参加する際、選択した卓情報にあるゲーム名が「ゲームA V1.00」であった場合、 IGM2はゲームプログラムこのように呼び出します。
GameA.exe -client ユーザー名 IPアドレス
-server ユーザー名 IPアドレスの部分はコマンドラインパラメータです。 この時IGM2ではゲームプログラムがクライアントとして起動され、指定されたIPアドレスに接続することを期待しています。
IGM2側は選択されたゲームプログラムがクライアントとして起動完了したものと判断し、卓の人数と参加者の情報を更新します。

IGM2に対応されたゲームプログラムのまとめ

GameA.exe -info
「ゲームA V1.00」出力

GameA.exe -server ユーザー名
サーバーとして起動し、接続待ちになった時「READY」出力

GameA.exe -client ユーザー名 IPアドレス
クライアントとして起動し、IPアドレスに接続

← 前ページ「ゲームを主催する場合」
⇒ 次ページ「改造が難しい場合」

⇒ トップページ